SERVICE – MAツール導入サポート

MAツールの導入するためにすべきこと・必要なもの
・ハウスリストの収集
・HPの改修(オプション)
・e-book作成
・ファンネルの定義
・パイプラインの設計
・MAツール選定

これらはMAツール導入前に実施することができるので
初月からMAツールを最大限に活用するために準備

ハウスリストの収集

メールマーケティングがベースとなるためベースとなるためアドレスまで
収集できているリードを収集

問合せフォームなどからの多くの企業でエクセルで管理されている見込客
引き出しに眠っている顧客情報等
 

HPの改修(オプション)

ペライチのHPなどでは見込客の行動履歴が確認しづらいものがある
それではせっかく流入のあった見込客の行動履歴が可視化できない。
そのため、HPの設計を改修する必要があるケースもある
また、見込客との接点を低いハードルに設定するためには
『お役立ち資料』PAGEは必要不可欠です。

e-book作成

見込客との接点を低いハードルに設定するために
必要不可欠な『お役立ち資料』はMA導入前にも準備することができる。
そのために見込客が読みたくなる・役に立つe-bookを作成する必要あり。

ファンネルの定義

休眠見込客やこれから流入のある見込客に対し、
スムーズにインサイドセールスができるよう、
見込客へのランク設定とその要件定義をする必要あり。

MAツール選定

マーケロボ ・Pardot・マルケト・Hubspot・Salestrick・カイロス・シャノン・SATORI
List Finder・Bownow等
各種MAツールの特性を基に導入企業にあったツールの選定を実施