無料利用可能!HubSpotを導入するメリットは?5つの導入メリットを紹介!

マーケティングツールについてインターネットで検索をすると、必ずと言っていいほど目にすることができるHubSpotというツール。

ツールを利用することが一般的になり、様々なベンダーからマーケティングツールが出ていますが、その中でもHubSpotはなぜ人気があるのでしょうか。
そこで、今回はこのトップクラスの利用率を誇るHubSpotを導入するメリットについてご紹介したいと思います。

1. HubSpotとは
2. HubSpotの5つのツール

 2-1. CRM
 2-2. Marketing Hub (MA)
 2-3. Sales Hub (SFA)
 2-4. Service Hub
 2-5. CMS Hub
3. HubSpot導入のメリット
 3-1. ツールの一元管理が可能
 3-2. コストパフォーマンスが高い
 3-3. 作業効率が上昇する
 3-4. リード・顧客への対応の質の向上
 3-5. ファネルからフライホイールへの転換
4. まとめ

1. HubSpotとは

まず初めに、HubSpotとはどのようなツールなのかを簡単にご紹介します。

HubSpotとは、2005年にアメリカで開発されたマーケティングプラットフォームです。

無料で利用することのできるCRMの機能、マーケティング、セールス、カスタマーサービス、そしてコンテンツ作成、それぞれを支援するツールの5つのツールからなり、CRMの機能が無料で使えることから、低コスト、そして事業規模の小さいときから顧客管理のためのツールとして使い始めることが可能となっています。

さらに、マーケティングの内容や規模が大きくなったとしても、アップグレードで対応できる、非常に優れたマーケティングツールとなっています。

また、CRM、マーケティングオートメーション、SFAなどのツールを一つのプラットフォームで管理できるようになることも大きな特徴です。
これにより、データ共有のためのAPI連携などをしたときに起こる手間を一切かけることなく、データの一括管理ができるようになります。

HubSpotについてより詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください!

HubSpotの機能、特徴とは?マッチする企業や運用代行の必要性についても解説!

MAには様々なベンダーのものがあり、それぞれ異なる特徴を持っています。
この記事では、コストパフォーマンスが高いことで話題のHubSpotについての特徴や強み、またどうすれば自社に適合したMAを選ぶことができるのかについて、そして、MAの専門的な知識を持った運用代行の重要性についてもご紹介します。

2. HubSpotの5つのツール

HubSpotには、5つのツールがあり、それぞれ、CRM、マーケティング(MA)、セールス(SFA)、カスタマーサービス、コンテンツ作成に貢献するツールであるとご紹介しました。
ここではそれぞれのツールの特徴を簡単にご紹介します。

また、CRM、MA、SFAの違いについて詳しく知りたい方は、下のリンクから別の記事を用意していますのでそちらをご覧ください!

「CRM・MA・SFA」3つのツールの違いとは?

2-1.CRM

まず、核となるツールであるCRMは、基本的に無料で利用することができる「フリーミアム」のツールとなっています。

フリーミアムについて詳しく解説した記事も、別に用意しておりますので、ご興味がございましたら下のリンクからどうぞ!

顧客の関係をより良いものすることを目的としたツールですが、パイプラインの管理やフォームの作成、メールの開封やクリックがリアルタイムで分かる機能やチャットボットの利用料金がツール導入のネックとなっている企業には、ぜひ一度チェックしていただきたいツールとなっています。

2-2.Marketing Hub(MA)

Marketing Hubは、マーケティング業務の効率化と詳細な分析をすることを可能にするツールとなっており、マーケティングオートメーション(MA)と同じような機能を持っています。

主にメールマーケティングの効率化と強化を図ることができ、SNSとの連携で、幅広いリードへのアプローチを実現してくれます。

また、YouTubeアナリティクスとの連携も可能で、YouTubeの運営を行う際に、より細かな戦略設計が可能となります。

2-3.Sales Hub(SFA)

Sales Hubは、社内の営業活動を効率化することを可能にするツールで、SFAと同じような機能を持っています。

リードの属性に合わせて適切なメールを自動送信する機能や、そのメール内容をテンプレート化し、社内で共有する機能などがあります。

Sales Hubは、無料で一部の機能が使える「フリーミアム」となっており、コンタクト管理機能、Eメールのスケジュール設定、営業パイプライン管理、ミーティング設定、Webチャットの設置などが無料で利用可能です。

2-4.Service Hub

Service Hubは、顧客満足度の向上を可能にするツールで、カスタマーサービスをより充実させたいと考えている企業に効果を発揮するツールとなっています。

コミュニケーションの受信トレイを利用した、1対1でのコミュニケーション管理や、カスタマーフィードバックなどが利用でき、カスタマーサービスの質を様々な方面から向上させてくれます。

2-5.CMS Hub

CMS Hubは、コンテンツの作成、管理を容易にするためのツールとなっています。

Webサイトのテーマが用意されていたり、コンテンツアナリティクスビューやSEOアドバイスなど、コンテンツ作成の効率化と高品質化を可能にします。

3.HubSpot導入のメリット

ここまで5つのツールを簡単にご紹介しましたが、これらを踏まえてHubSpotを導入することのメリット5つをご紹介したいと思います。

3-1.ツールの一元管理が可能

テクノロジーの進化で、CRMとMA、そしてSFAは境目がなくなるほど高機能化しています。
しかし、それぞれのツールの特徴が違うことには変わらないため、3つのツールを導入することが必要となる場合もあります。

HubSpotでは、これらのツール全てが用意されているため、リードや顧客の情報などを一元管理することができるため、管理のための無駄な工数を割く必要がありません。

3-2.コストパフォーマンスが高い

HubSpotのCRMは、非常に高品質な機能が無料で利用できます。

「2-1.CRM」でもご紹介しましたが、パイプライン管理を補助するツールや、メール開封率の確認などまで行える、無料とは思えないようなツールとなっています。
そのため、まだマーケティングツールを一度も試したことのない企業が、気軽に試すことができるというのも大きなメリットです。

また、「Marketing Hub」「Sales Hub」「Service Hub」にはそれぞれ3つのプランがあり、自由に組み合わせて利用することも可能です。
企業が必要とするツールのみを3つのプランから選択して利用することができるということも、コストパフォーマンスが高いと言われる理由の一つとなっています。

3-3.作業効率が上昇する

HubSpotのみではなく、他のマーケティングツールにも当然当てはまるメリットではありますが、作業効率が上昇するということも大きなメリットとなります。

その中でも、パイプライン管理の機能と、ドキュメント閲覧確認の機能についてはHubSpot独自のものとなっています。
そのため、こういった面での作業効率の上昇、そして改善ができるということはHubSpot独自のメリットになります。

3-4.リード・顧客への対応の質の向上

HubSpotのツールには、リードの見込み度合いを見極めるためのツールが多くあり、ターゲットを絞ってアプローチを行うことができるようになります。

これにより、分散していた力が見込み度合いの高いリードに集まり、対応の質の向上、最終的には成約率の向上に繋がります。

また、Service Hubの機能などは、カスタマーサービスの質の向上に直結するようなものが多く、顧客満足度の向上が可能です。
顧客満足度の向上は、リピーターの創出や、おすすめ商品やサービスとしての拡散などが期待できます。

3-5.ファネルからフライホイールへの転換

HubSpotは、「卓越した顧客体験の提供」を目指しており、これが実現した時にはマーケティングはファネルからフライホイールへ転換するとしています。

この考え方を持つHubSpotのツールには、より高いクオリティのサービスやコンテンツの提供に役立つものが多く備わっています。

これにより、企業と顧客の双方がwin-winの関係となり、より多くの顧客創出に繋がるのです。

4.まとめ

今回は、HubSpot導入のメリットについて解説しました。
これらの5つのメリットは、非常に大きく、社内の業務の効率化とPDCAサイクルの高速化を促し、業績のアップに繋がります。

今回ご紹介した5つのメリット以外にもHubSpotのメリットは多く、非常に多くの場面で活躍することができるツールとなっています。
しかし、その分ツールを使いこなすのは難しくなっているということもあるため、効果的な利用には十分な知識と経験が必要となります。

HubSpot導入の際には、そういったことにも注意して下調べを進めていっていただければと思います。